Copyright © 2022 Naoki Kimura All rights reserved.

             木 村 尚 樹 
         NAOKI  KIMURA
         fine photographic arts
           since 1987

凪LOGO_BK_light_edit-c.gif

「心」のゆらぎ。

死を想うもの

「心」のゆらぎ。

写真が時間の概念に触れるとき、それは”留める”という行為に他ならない。
少なくとも、現在の我々の共通認識や既成概念として、それは一定の説得力であろう。
時間の果てには必ず「死」が存在し、すべての有機物は朽ち果てる。
潜在的にそれを知っている我々の抱く、死への感情のプロセスは、一種の哀愁(郷愁感)を連想させ、その被写体は少しの”恐それ”を帯びることになるのである。
「恐怖」とは人間にとって、最も”融通”の利かない(自分自身での制御ができない)感情であって、本能の一部である。
心臓や呼吸の鼓動を自分でコントロールできないのと同じレベルで、恐怖は人を支配する。何人もそれを”停める”ことはできない。生命の危機を回避するために
備わっている本能といえよう。
ただし、感情である時点で、緩和なり調整を促すことは可能であろう。
そこに、一つの「心(思うこと)」の揺らぎが存在しうるのである。
写真はその映像としての役割の中に、時間の概念を持ち込んだ時点で、必然的に”心”の揺らぎを誘発するものを内在するのである。

When a photograph touches the concept of time, it is nothing but an act of "holding.
At the very least, as our common understanding and preconceived notion of time, it has a certain persuasive power.
At the end of time, there is always "death," and all organic matter decays.
Knowing this, the emotional process of death evokes a kind of melancholy (nostalgia), and the subject takes on a certain "fear".
Fear is the most "inflexible" of human emotions, and is part of our instincts.
Fear controls us in the same way that we cannot control our heart or breathing. No one can "stop" it. It is an instinct that we have in order to avoid life threatening situations.

However, since it is an emotion, it can be alleviated or adjusted.
This is where the fluctuation of a "heart" (what we think) can exist.
When the concept of time is introduced into the role of the photograph as an image, it inevitably triggers fluctuations in the "mind.




木 村 尚 樹

fine art photography