木 村 尚 樹 
         NAOKI  KIMURA
         fine photographic arts
           since 1987

凪LOGO_BK_light_edit-c.gif

写真美術の民主化 II

”見立て”の怠慢

写真美術の民主化 II

「それは写真がその性質からあらゆる経験を映像に翻訳することによって、多様化した価値観に平等に捉えられる宿命を持っているからに他ならない。」(写真美術の民主化 I)

ここから紡ぎだされる一つの答えは、限界芸術の定義に於いて「写真」は三つに分類されない芸術か・・または、「芸術」そのものではないということである。
それは、芸術を規定してしまうことで写真はアイデンティティを失うが、逆に芸術を無限拡張していくパースペクティブと捉えるなら「美術」という、社会的効用をもたらす産物を捻出する時点で芸術となりうる。恰も写真の自己主張とも云える美学的認識である。

しかし、これまでの写真作品に対する評価概念の曖昧さは、それ自体を
「写真」独特の評価システムとして、現代美術的な理路整然とした解釈を持たせていない写真表現作品(ドキュメンタリー等、記録意図の表現を除く)を、”なんとなく”評価・批判してきたことで、体型をつくれていないこととのパラドックスになりえるのである。
実はこの体感的な”ゆらぎ”をただ「綺麗なもの」として無視してきたことによる
「見立て」の怠慢があることも露呈することになる。

"This is only because photography, by its very nature, translates all experiences into images, and thus has the destiny to be equally captured by diversified values." (Democraziation of the Photo Arts I)

One answer that can be drawn from this is that, in the definition of marginal art, "photography" is either an art that cannot be classified into three categories, or it is not "art" itself.
In other words, photography loses its identity when it is defined as an art form, but it can become an art form when it produces "art," a product that brings about social benefits, if we view art as a perspective that can be infinitely expanded. This is an aesthetic recognition that can be said to be the self-assertion of photography.
However, the vagueness of the concept of evaluation of photographic works up to now has been a paradox in itself, as it is an evaluation system specific to "photography" that cannot be formulated in order to "casually" evaluate and criticize works of photographic expression that do not have the logical interpretation of contemporary art (excluding documentary and other forms of expression that aim to record).
In fact, the fact that we have been ignoring this sensory "fluctuation" as something that is just "beautiful" exposes the fact that we have been negligent in our "discernment".

木 村 尚 樹

fine art photography