木 村 尚 樹 

         NAOKI  KIMURA

         fine art photography

凪LOGO_BK_light_edit-c.gif
  • cogito ergo sum

Anthology rhymes V    - 私詩韻集 -

-凪の憶-

-after dark-




人々が魑魅魍魎を恐れ、神にすがった闇の時代があったという。

人間らしさを取り戻したルネッサンスという名の夜明け、

幻想的にアバン層が聖歌隊とともに、その自由を賛美したことだろう。

金属の放つ鈍い光が厳格な守りの奥に眠っている。

鳴らないオルガンは今も、同じ思いでそこにいるのだろうか。

外を通りかかった車の低く重い音。一本のパイプだけ、共鳴したようだ。

窓から差し込む薄日がほのかに、色めいたの見ていた。

も一度、その響きを待ってみる。

わずかな震えが凪を呼び込む。

今は、何を讃えてくれるというのだろう。

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示